人気ブログランキング |

次々火の手は上がる

今朝もお嫁さんからメールが来ました。。。

駿の仕事のことを思わず実母に愚痴ってしまったら
実母が激怒して駿に激怒メールを送ってしまい
駿がそれを見て逆ギレして縁を切る切らないの騒ぎに発展。。。070.gif

まあ、怒るわな。。。お母様。。普通。。。008.gif

1.会社を納得させること
2.お嫁さんを納得させること
それに加え
3.嫁さんのお母様の怒りを鎮めること
(お嫁さんのお父様は会社を納得させれば良いと渋々認めてくれたようですが
今の駿の実力で起業しても上手くいかないと見込んでいます。。。008.gif

駿がお嫁さんのお母様に対して逆ギレしたことに対して
お嫁さんも「実母のことを悪く言われた。」と大変ショックを受けています。

事態がますますややこしくなってきたわ。。

とにかく駿には「何があっても絶対にお嫁さんのお母さんのことを悪く言ってはいけない。」ということを教えなくては。(相手の親の悪口を言ってはいけないのは人間としての基本ルール)

駿は小さい頃から活発過ぎで、あちこちで色々なことをやらかしてきて
(警察沙汰になるようなことではないのですが)
そのたびに私が菓子折り持って相手の家に謝りに行き
「自分は何も悪いことはせず真面目に生きているつもりなのに
子供が勝手に外で悪さをするせいで
いつも人に謝らなくてはいけないのは何故だろう?」と悩んだ位でした。

でもその内に謝り慣れて!?
子供同士のイザコザなんてどっちもどっちで
相手の子もお母さんに怒られるのが怖くて人のせいにしていたり
(駿は怒られると困るという感情があまりなく隠しごとをせず正直に話す性格)
それを上手く話し合い相手のお母さんに理解してもらえば
かえって仲良しになれることを学びました。

起こってしまったことは取り消せないので
事態をなるべく穏便に収拾するのが上手になりました。

でも。。。今回は子供の喧嘩じゃないからねぇ008.gif

ところで昨夜、由美に駿の仕事のことを話しました。
由美の会社も若い人たちが起業して大きく成長しているので
役員はみんな30歳前後だそうです。

由美に言わせると
「お兄ちゃんは今の会社でトップセールスとかになって、物足りないから経営者になりたいの?そうじゃないでしょ。起業を目指している人は元会社にいる内になるべく多くのことをその会社から盗んで(学ぶという意味)、人脈作って初めて独立するのが普通。どうもお兄ちゃんの話を聞くと楽して儲けたいと思っているだけで絶対に上手くいくわけないと思う。」

私「それお兄ちゃんに言ってくれる?」

由美「私の貴重な休みをそんなくだらないことに使いたくないわ!015.gif

だよねぇ。。。。。。。008.gif
毎日お昼食べる暇もなく深夜まで残業して働いているからね。。。

由美「でも起業することは悪いとは思わないし30過ぎて起業して失敗するより
20代で失敗したほうがその後すぐに立ち直れると思う。
ただ奥さんと子供がいるのにそんなことをするのは本当にお嫁さんが可哀そう!!」


本当にお嫁さんが可哀そう。。。
これ全員一致でみんなお嫁さんの見方です!

お嫁さんも駿がバリバリ仕事をしているなら安心して
「もし上手くいかなかったら私がフルタイムで働くから!」と後押しできるけれど
どうももっと楽したいというのが根底にあるようで絶対に反対だそうです。。。当たり前!

駿本人も楽したいとは言わないけれど「楽しいから♪」←アホか!!022.gif

駿も子供が生まれやっと落ち着いたと一安心しましたが
やはり性格は一生変わらないですよね。。。

一人前の大人なので子供が居なければ
私も「二人とも好きにすれば~006.gif」と気楽に構えられ
離婚でもなんでもすれば良いわと夫婦間には一切介入しませんが

可愛い可愛い孫がいるのでネ♪
お嫁さんのSOSには全力で救助に向かわねば!066.gif

ところで。。。
昨日は由美の友人二人に新聞テレビでニュースになる別々の事件がふりかかり
由美と一緒に大変ショックを受けました。
お一人は事故で亡くなった当事者のご家族。。。
もう一人は殺傷事件に巻きこまれた人のすぐ隣に立っていたそうです。

春先は気持ちが不安定になるのでしょうか?
去年の大地震からもうすぐ1年経ちます。
そのことも人の心を不安定にさせるのかもしれません。

自分の周囲がザワついている時は気をつけなくてはいけません。
気持ちを引き締めて生活しないと。。。
by cosmos1009 | 2012-02-23 11:09 | 家族

あれこれな日々
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31